facebook news blog accsess

sanko

司馬遼太郎記念館

まさかの2週連続訪問です。

 

司馬遼太郎記念館。

 

ファンの方々にとっては聖地とも言えるスポットですよね。

 

初訪問は7月2日

 

両親と大阪でランチをした後、何処か寄って名古屋に帰ろうかという展開から赴きました。

 

 

81歳と74歳、まだまだ元気です!

81歳と74歳、まだまだ元気です!

 

ビックリしたのは、住宅街のど真ん中なんですね。

 

 

そんなロケーションながら、

 

 

ご存命中に住まわれていた邸宅は緑に囲まれ、敷地内に建築された記念館の設計は、安藤忠雄さん・・・

 

IMG_6327

 

ご高齢のボランティアスタッフの皆さんが、イキイキと仕事をされている姿も印象的でした。

 

 

小生自身、そんなに熱心な司馬ファンではないのですが、つまみ食いするたびにその見識の広さと深さに唸らされています。

☆長編小説は4タイトルしか読んでいませんでした・・・汗

 

 

その一方で、司馬史観とネガティブモードで紹介されたりしていますが、あの膨大な蔵書を見せられると・・・

 

館内は撮影禁止でネットから拝借しました

館内は撮影禁止でネットから拝借しました

 

 

何も言えねえ・・・

 

 

建築物を愉しむもよし

 

6万冊にも及ぶ蔵書を垣間見るもよし

 

 

司馬さんの書斎がそのまま残されています!

 

IMG_6074

 

 

 

あの『坂の上の雲』を執筆する際、事前資料準備ということで、神田の古本屋街から日露戦争関連の本がすっかり買い占められてしまった(トラック一杯はゆうにあった)というエピソードは、全く誇張ではないと実感できます。

 

ホールで上映される映像作品も見ごたえあり(こちらは、7月9日再訪時に視聴させていただきました)!

 

近鉄奈良線八戸ノ里駅から徒歩5~6分。

 

名古屋エリアからはアクセスがイマイチですが、それでも一度は足を運ぶべきスポットかと存じます。

 

お休みを活用してのプチ遠征、オススメいたします!

 

ではでは。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です