facebook news blog accsess

sanko

食欲の秋に想う

このところ、急に秋めいてまいりました。

秋といえば、スポーツ、芸術と、聞きなれた表現が飛び交いますが、私的には何といっても「食欲の秋」。

自他ともに認める食いしん坊の小生としては、イノイチバンに想い浮かべてしまいます。

特にこの季節、「戻りカツオ」は堪えられない旨さが光ります。

 

img_5807

先週末、とある居酒屋さんでいただいた「戻りカツオのお刺身」♪

 
この世で一番好きなアテは、戻りカツオの刺身かもしれません・・・(^_^;)

まあ、カツオをはじめとする好物に限らず、人間の体は食べ物で出来ているとも言えますので、最も大切であることは間違いなさそうですよね。

そう、小生の座右の銘の一つには、こんなのが・・・

 

『食べることは生きること 生きることは食べること』

 

オリジナルは何方なのか分かりませんが、インサイドアウトのフレーズと言っても過言ではありません。

その食べること・・・気になるフレーズを集めてみると、いろいろありますね♪

 

『食べることは聖なる行為』、これは北川八郎さんの著書で見つけた言葉だったでしょうか。

『喰べるたのしみ 生きるよろこび』、これはとある飲食店の箸袋に書いてあったものをメモっていましたね。

『食の本質とは有難さ』、これは自分自身の体験から生まれた言葉だったような・・・

『人間は食物によって生きるもの 先ず食べることが基本 学ぶことは末』、これは空海『三教指帰』から学んだフレーズだったような・・・

 

まあ、何れにしても『食べること』は、大切という訳です。

そんなことに想いを巡らしていると、一昔前にグッと心に刺さったこんな言葉が湧き上がってきました。

 

『読書は心の食物』

 

はい、森信三先生が名著中の名著「修身教授録」(だったかな?)で仰られたキラーフレーズですね。

そう、食物ですから、心豊かに生きるためには、その食材の目利き力が問われる訳ですね。

鮮度が良いものが好まれる場合、またじっくり熟成させたものが好まれる場合等々、求める心によって選択肢は限りなく広がってまいります。

そう考えると、選ぶところから読書の楽しみが始まってるとも言えますよね。

 

そして読書といえば、中部経営塾11月例会のテーマは、『実践読書術』

 

☆先日告知した案内記事はコチラから・・・http://p-sankoh.co.jp/news/715/
☆facebookページはコチラから・・・https://www.facebook.com/chubukeieijuku/
☆申込フォームはコチラから・・・http://ws.formzu.net/fgen/S21551942/

 

現在、当日使用する課題図書(参加者にはもれなく進呈いたします)も吟味中ですので、こちらご期待くださいませ。

 

そして期待といえば、今夜は盟友との小宴が予定されていますので、美味しく愉しく心豊かに、貴重な時間を共有できればと存じます。

皆さんも、この秋、美味しい食べ物と良書、そして良き友との時間を、お楽しみくださいませ。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です