facebook news blog accsess

sanko

念願の浄瑠璃寺

その存在を知ったのは、名著「見仏記」だったでしょうか。

 

 

ボクは浄瑠璃寺の吉祥天像に心を奪われた。それは恋と呼んでもいいだろう。つり上がったマユそしてセクシーな目、ポッテリした唇、クレオパトラのようなヘアー・スタイル、どこを取ってもボクの理想。そんな君と燃えるような恋がしたいぜ!

でも君は秘仏……

毎年三回しか開帳しない。それはまるでボクの気持ちをもて遊ぶようさ。「恋などはかなきもの」と君は言いたげだ。

君のブロマイド(絵ハガキ)と全身ポスターを買ったよ。まるでアイドルだね。

全てのボンノウを消す九品仏の前でボクは恋というボンノウの化身でいた。

・・・「見仏記」 いとうせいこう・みうらじゅん著 角川文庫 P143

 

 

長文転載してしまいましたが、尊敬するみうらじゅんさんが、ここまで恋い焦がれた仏像を是非この目で見てみたいと想いながら、十数年・・・

 

期間限定公開ということで、アクセスの悪さもあり、なかなかご縁をいただくことができなかったのですが、ようやく先週末、邂逅することに

 

期待値が高かったので少し心配しておりましたが、それも杞憂に終わりました。

 

「仏像界のアイドル」、まさに言い得て妙ですが、浄瑠璃寺側からすれば、勝手にブランディングしていただいたようなケースですね。

 

もちろん、コンテンツが素晴らしいから、そんな展開になったのでしょう!

 

実際、午前中から、狭い道のりながら、観光バスで団体さんが参詣に訪れて、かなり賑わっておりました。

 

自身、今週末予定が入っていなかったら、再訪しようかと思うほどでしたから、確実にリピート有ですね!

 

浄瑠璃寺の前に参詣した海住山寺の本坊庭園・・・美しい♪

 

浄瑠璃寺の後に参詣した岩船寺三重塔・・・凛としていました♪

 

小生が、こうやってコネタにしていること自体、ある意味、口コミブランディングとも言えるかもしれません。

 

このように、ブランディングにも、様々なスタイルがありますが、そんな基本を学べる機会を提供する無料ブランディングセミナー、今月はいよいよ1週間後の11月21日(水)に開催です。

 

 

【限定20名】事業承継 人材採用 付加価値向上・・・

 

『何から始める?ブランディング』

 

 

 

産業構造ならびに社会の変革が進む中、多くの企業は、事業承継、採用難等、様々な経営課題に直面しています。

 

「ブランディング」という言葉を耳にすると、大手企業の話で中小企業には無縁・・・・・・

 

いえいえ、実は中小企業だからこそ、経営課題の解決に向けた「ブランディング」が必要なのです。

 

 

 

本セミナーでは、

 

〇中小(同族)企業の強みと歴史

 

 〇UVPの重要性

 

 〇ブランドとは何か?

 

 〇何から始める?ブランディング

 

という、切り口で、参加者との情報・意見交換も重ねながら、「ブランディング」について学んでまいります。

 

 

貴社の持続的繁栄に向けて、是非ご活用ください!

 

 

 

☆本セミナー受講者には、「ブランディング無料相談」の機会も提供させていただきます。

 

 

 

 

 

会場 名大社セミナールーム

 

   名古屋市中区栄2-3-1名古屋広小路ビルヂング16階

 

   地下鉄伏見駅から徒歩3分

 

 

 

開催日時 2018年11月21日(水)

 

14時00分~16時30分(受付13時30分)

 

 

 

主催 バリュー・プロモーション株式会社

 

共催 株式会社サンコー

 

協力 株式会社名大社

 

 

 

参加費 無料

 

定員 20名(予定)

 

 

 

◇講師

 

櫻山貴文

 

~プロフィール~

 

バリュー・プロモーション株式会社代表取締役

 

株式会社サンコー代表取締役

 

経営品質協議会認定セルフアセッサー(2003年度より)

 

(一財)ブランド・マネージャー認定協会1級資格取得者

 

(一社)日本ほめる達人協会「ほめ達!」検定3級

 

 

 

 

 

そして、積み重ねが大切ということで、師走12月はもちろん、新年も継続開催いたします。

 

年内ラストは12月19日(水)です!

☆チラシはコチラから⇒Value_seminar_201809_12_up

 

平成31年は下記の通りの開催予定です!

1月23日(水)

2月20日(水)

3月20日(水)

4月17日(水)

 

 

平成の次の元号も楽しみですね・・・苦笑

 

その前に再訪できるかしら・・・浄瑠璃寺さん

ではでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です