facebook news blog accsess

sanko

二宮翁夜話

タイトルにしておりますが、実は未読というか、手元にすらありません。

 

はい、二宮尊徳翁の著作です。

 

著作といっても、二宮尊徳翁の門人福住正兄が、師の身辺で暮らした4年間に書きとめたモノを整理し、師の言行として記した書ですから、厳密には・・・

 

まあ、「論語」も同じようなスタイルですから、細かいことは良しとしておきますか!

 

ところで、何故、二宮尊徳翁といえば、先週の23日(火)、朝のルーティン・安岡センセイの一日一言で、読むべき古典として、二宮尊徳翁が紹介されていたのですね。

 

そんな流れから、その日の実践読書は、二宮尊徳翁関連本ということで、コチラのアイテムを再読しておりました。

 

『教養として知っておきたい二宮尊徳』 (PHP新書) 松沢成文著

☆2年前にご縁をいただいておりましたね。

 

再読了後、せっかくなら、二宮尊徳翁ご本人の著作も読んでみようかとAmazonで検索してみると、『二宮翁夜話』は、3つの版元から出版されていることが確認できました。

 

下世話な話ですが、金額含めて比べてみると、

 

岩波文庫778円

 

中公クラシックス1,782円

 

日本経営合理化協会10,584円

 

 

金額なら岩波、文字の大きさなら牟田學という印象を持ちました(苦笑)。

 

いつもなら、最安値の岩波文庫をAmazonオーダーするところですが、何故か、今回は躊躇を・・・

 

というのは、中公には、翻訳という表記が・・・(・。・;

 

これは、現物を手に取ってみないとと思い立ち、その日の急遽実践項目に

 

「二宮翁夜話」を立ち読みしてみる

 

というものを追加して、移動中に馴染みのジュンク堂でページをめくってみると・・・(@_@;)

 

躊躇して正解でしたね。

 

おそらく昭和前半の版を、そのまま写真製版して印刷した代物で、とても読めたもんじゃありませんでした。

1933年発行

 

それでも、Amazon評価は、11人中10人が☆5つでしたから・・・分からないものです。

 

で、結局手元に何があるかというと・・・苦笑

 

はい、その辺りのツッコミは、オフ会のコネタということで・・・(・へ・)

 

そして、本日は今年最初の『バリュー・アップ セミナー』開催ということで、6名+オブザーバー1名の参加予定。

 

お役にたてるよう、気を引き締めて、取り組んで参ります<(_ _)>

 

あっ、フライング気味ですが、

 

2月21日(水)
3月28日(水)
4月18日(水)

 

にも継続開催を予定しております(^o^)丿

 

今から予定の確認もよろしくお願い申し上げます。

 

ではでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です