facebook news blog accsess

sanko

シンギュラリティは痛みを伴って忍び寄る

先週末のこと、毎年恒例となっている京都の師範人見社長主催、素晴らしき経営研究会&経営品質実践塾の新年例会に参加させていただきました。

 

おっと、1年前も同様の書き出しでコネタにしていますね・・・苦笑

混乱と混沌

 

先ずは、今年も何とか参加することができ、感謝感謝でございます<(_ _)>

 

そして、感謝といえば、今回の講師は凄かった・・・(・。・;

 

関東弁護士会連合会WEBサイトから拝借しました!

 

能楽師の安田登さんという62歳のオジサンなのですが、圧倒的な存在感で、あっと言う間の3時間・・・後半の師匠のパートにも、ご登場いただいたこともあり、私的に今回は安田先生一色といった印象でした(・へ・)

 

内容については、関係者の皆さんが、既にブログで紹介されているので、先ずはそちらをご確認いただければと・・・<(_ _)>

 

◇主催者の人見社長のブログ『ほぼ日刊ヒトミ通信』
「能と論語とシンギュラリティ」
http://www.hitomi-net.jp/calen/calen.cgi?mode=main&action=view&YMD=20180119&w=2

 

◇我らが鬼澤師匠のブログ『鬼っ子日記』
「週末も安田登さん」
https://ameblo.jp/onikko-nikki/entry-12346371321.html

 

◇会場ご提供&安田先生招聘にご尽力いただいた岡村社長のブログ『京都流ブログ』
「短絡的、表面的思考の戒め」
http://okamura-kyotostyle.blogspot.jp/2018/01/blog-post_21.html

 

◇ナニワの同志・加納社長のブログ『オリカ社長ブログ』
「能を見てみようか」
http://olica2.seesaa.net/article/456363131.html

 

いやあ、小生がこれ以上何を語る必要があるのか?とも思える充実度ですが、この場はオウンドメディアということで、少々お付き合いくださいませ<(_ _)>

 

「未来戦略としての能と論語 ~シンギュラリティを見据えて~」

 

というテーマで開催された勉強会なのですが、特に響いたのは「初心」「不惑」という概念。

 

 

「初心」とは、布をハサミで切るという意味。

すなわち、”過去を断ち切る”、”かつての自分を棄てる”ということ。

しかしながら、老後に「初心」の実践は難しい・・・

 

「シンギュラリティ」で、知に代わる精神活動が生まれるはず。

それは、具体的痛みを伴いながら。

どんな痛みかは、未来を見る目を養うことで見極めることができるかも・・・

 

「不惑」の「惑」は、孔子の時代「心」という字が無かったはずなので、本来は「不或」。

「或」とは、”ホコで陣地を地面に書く”という意味なので、「不或」は区切らないということ。

”四十にして区切らず”とは、自身に限界を設けず、チャレンジし続けること。

 

 

聴講された方でないと、何を意味しているのかさっぱり分からないかもしれませんが、間違いなく小生も何となくレベルですので・・・自爆

 

何れにしても、どんな時代が訪れようと、心の備えだけは万全に!

 

備え万全という意味では、1月31日(水)開催のセミナーも、ご活用いただければ幸いです。

 

2019年新卒採用活動に向けて、備えておくべき情報ついてもお伝えできればと存じます!

 

 

【限定20名】『バリュー・アップ セミナー 2018』

『ロゴから始まるブランディング ~中小同族企業 魅せる会社になるために!~』

 

好評につき新年も連続開催です(^o^)丿

☆チラシはコチラから
VUSチラシ180131

 

日本の企業の9割以上が中小同族企業。
中でも、長寿企業が世界的にも突出して多いことは、経営学の世界でも取り上げるべきテーマとして注目されてきました。
しかしながら、我が国では、同族経営をネガティブに捉える傾向があったことは否めません。

 

本セミナーでは、昨年までの内容をベースに、

 

・同族企業の強みと現状
・強みの再発見
・魅せる会社になるために
・ロゴから始まるブランディング

 

という切り口で、参加者との情報・意見交換も重ねながら学んでまいります。
中小同族企業の魅力に触れ、自社の強みを再認識いただき、貴社に相応しいロゴマークを軸にした魅せ方を学ぶことで、貴社の持続的繁栄に寄与できると自負しております。

 

会場 名大社セミナールーム
名古屋市中区栄2-3-1名古屋広小路ビルヂング16階
地下鉄伏見駅から徒歩3分

 

開催日時 2018年1月31日(水)14時00分~17時00分
(受付13時30分)

 

 

主催 バリュー・プロモーション株式会社
共催 株式会社サンコー
協力 株式会社名大社

 

 

参加費 無料
定員 20名(予定)

 

 

◇講師
櫻山貴文(バリュー・プロモーション株式会社/株式会社サンコー代表取締役、経営品質協議会認定セルフアセッサー)
プロフィール
1966年名古屋市生まれ。1989年明治大学商学部卒業後、富士通株式会社入社。システム営業担当後、1994年父が経営する印刷会社にUターン転職。2003年11月代表取締役に就任。
トライ&エラーを重ね、ファブレスを選択し業態変革。現在は「御社の第一印象をご用意いたします。」という切り口で、グラフィック・WEB制作、ブランディング業務に特化。
2014年バリュー・プロモーション株式会社を起業、代表兼務。
経営品質協議会認定セルフアセッサー。
2014年から中小同族企業向けに自社主催セミナーを計13回開催。2017年度は、「名古屋ファミリービジネス研究会」講師としても登壇予定。

 

 

今月もお役にたてれば幸いです。

 

ではでは。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です