facebook news blog accsess

sanko

チバニアン

先ごろ、ブラタモリフリークが狂喜するようなニュースが飛び込んできました。

 

「地球史に「千葉時代」誕生へ 日本初の地質年代名、国際審査でイタリア破る」

地球の歴史で約77万~12万6千年前の年代が「チバニアン」(千葉時代)と命名される見通しになったことが13日、関係者への取材で分かった。この年代の基準地として千葉県の地層を国際学会に申請し、命名を目指す日本の研究チームが、競合するイタリアを一次審査で破った。週内にも発表する。正式決定すれば地質年代に初めて日本の名前が付く快挙となる。・・・<産経ニュース2017.11.13>

 

画像も産経ニュース様から拝借

画像も産経ニュース様から拝借

 
上記報道の時点では、正式決定前のようですが、何にしても初めてというのは画期的なことですね。

 

今回、私的に“へ~”と感じたのは、「ニアン」という言葉は、「時代」という意味なのですね。

 

調べてみると(ググっただけですが・・・)、「千葉時代」ラテン語に翻訳すると「Chibanianチバニアン」になるようです。

 

しかしながら、面白いのは、これに異を唱えたり、新たな見解を付け加えていただく博識な方の多いこと多いこと・・・

 
http://user.keio.ac.jp/~rhotta/hellog/2017-06-23-1.html
「Chibanian はラテン語?」

 

http://gshss-dean-chiba.blog.so-net.ne.jp/2017-06-04
「チバニアン時代」

 
いろんな見方、考え方、捉え方がありますから、面白いとも言えますよね。

 

そうそう、ラテン語といえば、様々なヒット商品のネーミングにも活用されますよね。

 

有名なところでは、某世界一の自動車メーカーの車名辺りも・・・

 

 

PRIUS これは、ラテン語で、“~に先駆けて”という意味なのだそうです。

 

ハイブリッド車のマーケットを開拓したという意味では、まさに車名の通り、先駆けていますよね。

 

同じハイブリッド車といえば、こちらも・・・

 

AQUA ラテン語“水”という意味ですね。

 

「透明感あるクリーン」なイメージと、「誰もが必要・大切にする」イメージを連想させる「水」という意味から採用されてたようです。

 

 

これらのネタ元は、コチラのサイトから・・・それにしても長いURLですね(苦笑)
http://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75years/data/automotive_business/products_technology/vehicle_lineage_chart/origin/index.html

 

 

何れにしても、新商品を世に出す時に欠かせないのが「ネーミング」

 

ブランディングにおける最初で最後の高いハードルが、この「ネーミング」かもしれません。

 

1週間後のセミナーでは、そんなことにも触れられればと思ったりしています。

 

そのセミナー、改めてのご案内ですが、下記内容で中小同族企業経営者様向けに開催いたします。
今回も無料ですので、ご活用いただければ幸いです。
 

 

【限定20名】『バリュー・アップ セミナー 2017』
『ロゴから始まるブランディング ~中小同族企業 魅せる会社になるために!~』
 

好評につき連続開催です(^o^)丿

PDFはコチラから<(_ _)>
171122VUセミナーチラシ

 
日本の企業の9割以上が中小同族企業。
中でも、長寿企業が世界的にも突出して多いことは、経営学の世界でも取り上げるべきテーマとして注目されてきました。
しかしながら、我が国では、同族経営をネガティブに捉える傾向があったことは否めません。

本セミナーでは、昨年までの内容をベースに、

 

・同族企業の強みと現状
・強みの再発見
・魅せる会社になるために
・ロゴから始まるブランディング

 
という切り口で、参加者との情報・意見交換も重ねながら学んでまいります。
中小同族企業の魅力に触れ、自社の強みを再認識いただき、貴社に相応しいロゴマークを軸にした魅せ方を学ぶことで、貴社の持続的繁栄に寄与できると自負しております。

 

会場 名大社セミナールーム
   名古屋市中区栄2-3-1名古屋広小路ビルヂング16階
   地下鉄伏見駅から徒歩3分

 

開催日時 2017年11月22日(水)14時00分~17時00分
(受付13時30分)

 

主催 バリュー・プロモーション株式会社
共催 株式会社サンコー
協力 株式会社名大社

 

参加費 無料
定員 20名(予定)

 

◇講師
櫻山貴文(バリュー・プロモーション株式会社/株式会社サンコー代表取締役、経営品質協議会認定セルフアセッサー)
プロフィール
1966年名古屋市生まれ。1989年明治大学商学部卒業後、富士通株式会社入社。システム営業担当後、1994年父が経営する印刷会社にUターン転職。2003年11月代表取締役に就任。
トライ&エラーを重ね、ファブレスを選択し業態変革。現在は「御社の第一印象をご用意いたします。」という切り口で、グラフィック・WEB制作、ブランディング業務に特化。
2014年バリュー・プロモーション株式会社を起業、代表兼務。
経営品質協議会認定セルフアセッサー。
2014年から中小同族企業向けに自社主催セミナーを計13回開催。2017年度は、「名古屋ファミリービジネス研究会」講師としても登壇予定。

 

 
今回も皆さんのお役にたてれば幸いです<(_ _)>

 

ではでは。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です